AINU PRODUCTS PROJECT

暮らしに新風。アイヌデザイン。

アイヌ・プロダクツ・プロジェクトとは

自然界のすべてに魂が宿ると考え、生きとし生けるもの、万物との“共存”を大切にしてきたアイヌ。代々受け継いできた、自然と共に生きる精神文化の世界観をより身近に感じてほしいという願いから、このプロジェクトは始まりました。伝統的な技法や素材、アイヌ文様を用いながら、現代的なデザインやコンセプトを取り入れて、新たなアイヌ工芸品を創造しようとする試みです。
本サイトは、工芸家と工業デザイナーのコラボレーションによる「アイヌ・プロダクツ」ブランド開発事例を通し、多くの新たなアイヌ工芸品開発を目指す方々の「手引き」あるいは「標」となることを目指すものです。

  • モデルケース紹介
  • プロジェクトメンバー
  • 開発エピソード
  • アイヌ・プロダクツプロジェクト発表・展示会
  • マニュアル動画
  • アイヌ民工芸品取扱い店

theme 開発テーマ

outdoor products アウトドア・プロダクツ

2021年、3名のアイヌ工芸家と工業デザイナーにより「アウトドア」を開発テーマに、アイヌの人々の持つ文化や自然感に共鳴する『自然を愛する人』へ向けて生み出された作品達。2022年は、アイヌ工芸品の魅力をより多くの方に感じていただくため、この作品達をプロトタイプに新たにマーケティング、量産化、市販化等の視点を加え、「クラフト(工芸作品)」から「プロダクト(製品)」へと生まれ変わらせた「アイヌ・プロダクツ」商品化モデルを開発しました。

MODEL CASE 2022商品化モデル

products カッティングボード2022

アイヌの伝統工芸品「メノコイタ」をベースに、
現代の多様なライフシーンにマッチするよう汎用性と機能性を
高めた「食」のマルチツール。

4つの開発ポイント
  • メノコイタの原型を生かしながら、
    機械加工可能な形状への再デザイン
  • アイヌへのリスペクトを表す、
    道産材「ハンノキ」や「オヒョウ」樹皮の使用
  • アイヌ工芸品の伝統を正しく継承する「印」として、アイヌ文様を手彫りで彫刻
  • ブランドおよび商品価値向上をかなえる、
    機能美ある専用収納ツールの製作
仕様

サイズ:縦32.5×横15.6×厚さ3cm
素材:榛の木、オヒョウ樹皮
重量:360g
仕様:紐・ケース付き

Reference development product 参考開発品

products1 カッティングボード

利便性とデザイン性を満たす
カッティングボード2022専用携帯ケース。
シンボリックなアイヌ文様がブランドの世界観を
印象的に表している。

仕様

サイズ:縦37×横20cm
素材:帆布(綿100%)
重量:50g

products2 カトラリーバッグ

本体素材の帆布、アイヌ文様の刺繍、オヒョウの樹皮で編んだ組紐、
鹿の角を使った留め具、小皿まで収納できるポケットなど、
素材・仕様にこだわったアウトドア愛好家向け専用ケース。

仕様

サイズ:縦37×横57㎝
素材:帆布(綿100%)、オヒョウ樹皮、鹿角
重量:280g
仕様:ロール式

2021 original model 2021オリジナルモデル

2021年、「アイヌ・プロダクツ」ブランドのオリジナルモデルとして開発された
アウトドアチェア、カッティングボード、ランタンカバーの3品をご紹介

original model 1 アウトドアチェア

アイヌ伝統工芸のデザイン性の高さを現代に伝え、
インドア・アウトドア両シーンで使用できるチェア

制作:関根真紀

製品のポイント
  • 背もたれ部分にアイヌの伝統的織物「ハナゴザ」を使用
  • 本体部は座面と背部分の2つのパーツで構成
  • 背もたれ部分の裏面にアイヌ文様刺繍入り
仕様

サイズ:H610×W415×D660㎜
※折り畳み時/H780×W450×D90
素材:木製(ハードウッド、ラッカー塗装)
背もたれ部分/ガマ、裏面/コットン

original model 2 カッティングボード(仮称)

機能美を特徴とするアイヌデザインのエッセンスを投影した
カッティングボード

制作:原田祥吾

製品のポイント
  • アイヌの伝統的な食器具であるメノコイタを、アウトドアシーンに適するようリデザイン
  • グリップ部分にアイヌ文様彫刻のすべり止め付
仕様

サイズ:H20×W218×D150㎜
素材:木製(桂)

original model 3 ランタンカバー

伝統的アイヌ文化を守り空間を
上質で豊かに彩ることを目指したランタンカバー

制作:早坂ユカ

製品のポイント

・耐久性に優れた帆布生地を使用
・側面にアイヌ文様刺繍入り

仕様

サイズ:約φ110㎜×高さ80㎜
素材:キャンバス地(帆布)

project members プロジェクトメンバー

アイヌ工芸

原田祥吾 Shogo Harada

平成元年 二風谷生まれ。平成20年度より公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構(令和2年度より株式会社平取町アイヌ文化振興公社)の平取地域イオル再生事業職員としてアイヌ文化の伝承活動に従事している。現在、二風谷民芸組合に所属し、若手作家としてアイヌ伝統工芸の作品作りに取り組んでいる期待の工芸家。

過去作品
  • ●二風谷イタ(盆)

  • ●二風谷イタ(盆)

  • ●イクパスイ

関根真紀 Maki Sekine

平取町二風谷にて、子どもの頃から家業の民芸店を手伝い、木彫・織物・刺繍など、様々なアイヌ工芸に関する制作活動に携わる。東京での個展開催や、その他コラボデザインにも取り組んでいる。また、アイヌ伝統工芸だけではなく、アイヌ文化に関する情報発信も行い、アイヌ語教室指導のほか、学校等においてもアイヌ文化の普及啓発活動に熱心に取り組んでいる。アイヌ伝統工芸展 北海道知事賞など受賞多数。

過去作品
  • ●チタラペ(花ゴザ)

  • ●アイヌ文様
    バスラッピング

  • ●アットゥ
    タペストリー

早坂ユカ Yuka Hayasaka

旭川にてアイヌ民芸品店を営む両親のもとで、幼い頃からアイヌ文化に触れて育つ。刺繍作家の母から受け継いだアイヌ刺繍をはじめ、アイヌアートプロジェクトの一員として音楽活動に参加するほか、国内外でアイヌ古式舞踊の表現の舞台に立ち、伝承活動を精力的に行っている。 アイヌ伝統工芸展 優秀賞ほか受賞多数。

過去作品
  • ●タペストリー
    「雪の結晶」

  • ●タペストリー
    「アイヌモシリ」

  • ●ペンダント

監修デザイナー デザイン監修

高橋尚基 Naoki Takahashi

高橋尚基デザイン事務所 代表・工業デザイナー

  • ・北海道デザインマネジメントフォーラム(HDMF) 副会長
  • ・(一社)日本デザインコンサルタント協会 正会員
  • ・札幌市:プロダクトデザイナー派遣事業 製品開発プロデューサー
  • ・札幌市立大学 非常勤講師
  • ・NPO法人「アートチャレンジ太郎吉蔵」 理事

北海道滝川市生まれ。九州芸術工科大学芸術工学部(現九州大学芸術工学部)卒業後、都内企業にて製品企画・デザイン開発・提案型営業に従事。 2001年道内企業のデザイン開発を志し、Uターン。高橋尚基デザイン事務所設立。以来、ものづくり企業を中心に新製品開発支援をはじめ、企業ブランディング、創造的人材育成、地域特産物開発など幅広い分野で道内中小企業をサポートする。



ADVISER アウトドア専門店

秀岳荘

秀岳荘

1955年創業の北海道地域密着型アウトドア用品販売店。「良いものを安く、親切に。」をモットーに、数十万点に上る国内屈指の品揃えと、専門知識を有するスタッフによる独自性の高い売り場とサービスで、アウトドアファンから絶大な信頼と支持を得ている。

https://www.shugakuso.com/

法務アドバイザー:弁理士/マーケティングアドバイザー:中小企業診断士

Manufacturing company 製造事業者

チエモク株式会社

チエモク株式会社

北海道産の木材を使い丁寧なものづくりを続ける木工クラフト工房。素材を生かした、軽く、温かみのあるデザインの木製食器が人気。素材となる木材のいのちに感謝し、次世代の森を育てることにも力を入れている。

https://chiemoku.co.jp/

株式会社ササキ 佐々木縫製所(ささきほうせいじょ)

株式会社ササキ 佐々木縫製所(ささきほうせいじょ)

化学繊維のない時代、トラックの幌や貨物のシートとして使われていた“帆布”を素材に、「優しさ、丈夫さ、味わい」を兼ね備えた良質なプロダクトを、伝統的技術を生かした小樽帆布ブランド「佐々木縫製所」の名で製作している。

https://www.sasaki-houseijo.com/

role

プロジェクトチームの役割

アイヌ・プロダクツの商品化を見据え、様々な角度からの意見反映しながら開発。

2021オリジナルモデル 2022オリジナルモデル

event イベント

product2

「アイヌ・プロダクツ」のブランドモデルである「カッティングボード」から、2021年度制作のプロトタイプ、開発プロセスがわかる各種展示をはじめ、プロジェクトメンバーによるトークイベントまで。新たなアイヌ工芸品開発を目指す「アイヌ・プロダクツ・プロジェクト」のすべてがわかる発表展示会です。

※写真は2021年の発表展示会のものです。

開催日:
令和4年3月5日(土)10:00~17:00
開催場所:
札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場(西)
実施内容:
  • ① 「アイヌ・プロダクツ」の展示
    ●2022商品化モデル(カッティングボード2022)
    ●2021オリジナルモデル(アウトドア用品3種類)
  • ② 「アイヌ・プロダクツ」 開発プロセスを紹介する
    動画の上映・パネルの展示
  • ③ プロジェクトメンバーによるトークセッション動画の上映
  • ④ アイヌ民工芸品の展示・販売
  • ●アイヌアートプロジェクト

    ●アイヌモシリ三光(新千歳空港店)
    Ainu Mosir

  • ⑤ 「ウポポイ応援ネットワーク」参画企業等の
    活動・関連商品のPR

アイヌ木彫品の第一人者 貝澤徹氏、白老を中心に活動するアイヌ刺繍サークルの貴重な作品も多数展示。オリジナルエコバックがなどもらえるアンケートも!

新型コロナウイルス感染症の状況により、延期、中止、もしくは内容を一部変更して実施する場合があります。
また、当日は人数制限を実施しておりますので、予めご了承ください。

episode

「アイヌ・プロダクツ」2021年オリジナルモデル開発に携わったアイヌ工芸家3名と
工業デザイナーが開発の裏側を語るトークセッション映像を再公開。

監修デザイナー・工芸家によるトークセッション映像

「アイヌ・プロダクツ」2022年商品化モデル開発に携わったプロジェクトメンバーが
開発の裏側を語るトークセッション映像を公開。

アイヌ・プロダクツ・プロジェクト プロジェクトメンバーによるトークセッション映像 2022

VIDEO MANUAL

shop イベント

写真をクリックすると、各施設のホームページをご覧いただけます。

阿寒湖アイヌコタン

二風谷アイヌ匠の道

アイヌモシリ三光
(新千歳空港店)

川村カ子ト記念館

国立アイヌ民族博物館
ミュージアムショップ
(ウポポイ)

サッポロピカコタン
(札幌市アイヌ文化交流センター)
※エントランスにて土日のみ販売

※取り扱い商品や営業日等、詳細については、各施設にお問い合わせください。

本プロジェクトに関するお問い合わせ

環境生活部アイヌ政策推進局アイヌ政策課  
〒060-8588札幌市中央区北3条西6丁目
TEL :011-204-5185 FAX :011-232-4107

PAGETOPへ